ちんこ小さなるスポーツがある?ノンケのボーイが得た大量のデータから得た結論とは?

Uncategorized

銭湯で自分のモノの大きさをきにしたことはありませんか?

銭湯は人々が癒しを求めてやってくる憩いの場というのは仮の姿、決して言葉に出すわけではないが自分のチンコの大きさを見せつけあう闘技場、ある者は優越感に浸りまたある者は劣等感にさいなまれる。

憩いの場とは程遠い和やかな雰囲気の中にバチバチと激しく熱い戦いが日や繰り広げられています。

そう、銭湯の本当の姿とはサウナよりも熱い男同士の戦いがくり広げられるバトルフィールドなのである!

男としてメンズとしてこの世に性を受けた以上チンコの大きさを気にするのは致し方ないことです。

ノンケのボーイとして働いていてもチンコは大きいにこしたことはなくゲイの中でも大きいのが人気なのは疑う余地はありません。

そう、ちんこは大きい方がいいのである

産まれた時はみんな小さいちんこ。

しかし成長していくにつれて大きな差となって現れてきます。

先天的な部分ももちろんありますが後天的な部分で何か原因があったりするのでしょうか。

ノンケのボーイとしての経験、接客をしていく中で経験人数3桁を軽く超える何人もの猛者達の多くの生の声と実際の体験からここに1つの結論が導き出されました!

今回はチンコを小さくしてしまうスポーツを紹介します

ちなみにこれはなんのエビデンスもなく多くの方の膨大な経験の集積から導い出されたものなので科学的な根拠、証拠などは全くないことを断っておきます。)

チンコを小さくしてしまうのはあのスポーツ

チンコを小さくしてしまうスポーツそれは水泳です。

あの日本を代表する水泳選手である北島康介は、2008年に北京オリンピックで優勝し世界2連覇を達成した際に、祝福に群がる大勢の記者団を前にこう嘆いておりました

北島康介
北島康介

やべぇぇ、何も言えねぇ・・・(イチモツが小さすぎて)

小さい頃習い事として水泳をやっていた、特に中学校や高校の部活で水泳をやっていたという人はチンコが小さい傾向があります。

さらにチンコが小さいというのにとどまらず包茎である場合も多いです。

あの日本を代表する水泳選手である北島康介は、2004年にアテネオリンピックで優勝し金メダルを獲得した際に、祝福に群がる大勢の記者団を前にこうも嘆いておりました

北島康介
北島康介

やべぇぇ、超気持ちいい!!!(皮オナニー)

もちろん水泳をずっとやってる人でもデカちんの持ち主やズルムケチンコの方もいます。

あくまで確率論的に小さい人、包茎の人が多いということです。

なぜチンコが小さい人が多いのかここで考察してみたいと思います。

考察 塩素

プールの水に独特の匂いを感じたことはありませんか。

水には病気の原因となる微生物がふくまれているため強い殺菌作用をもつ塩素によって消毒をする必要があるのです。

プールに入り終わった後に目が充血していたり、髪がギシギシになっているという経験をした人もいると思いますがこれは塩素の影響です。

キッチンハイターや漂白剤などの商品に目に入らないようにしてくださいや直接触れないようにしてくださいなどの注意書きをみたことがあると思います。

主成分は次亜塩素酸ナトリウムというものであり塩素なのです。

海外の研究では塩素の毒性について研究されています。

アレルギーになる確率があがったり、呼吸器の粘膜を傷つけた場合喘息などの呼吸器疾患を起こしやすかったりといろいろな危険性が示されているのですがその中に塩素のきついプールで泳ぐとドライスキンになったり小じわが増えるという研究結果も出ています。

プールの塩素は安全な濃度にすることが義務付けられており大丈夫ということになってますが塩素が体に悪い影響を与えるのも1つの事実なのです。

ここでチンコが小さいという話との関連性を考えてみます。

チンコの包皮は亀頭を保護する役割を担っています。

長時間も塩素に触れる環境下にチンコがいたらどうでしょうか。

塩素による毒性から敏感な亀頭を守ろうとして包皮はしっかりと亀頭を包み込んでガードするでしょう。

そう、まさしく包茎の状態です

しっかりと包皮に包まれた状態では、窮屈でありチンコもしっかりと成長できません。

生殖器が成長するのは思春期です。

子どもから大人に成長する過程で生殖器系が一気に発達する時期は思春期です。

思春期は個人差はありますがはやい人で9才頃から始まり16才くらいまでと言われています。

この時期にチンコは大きく成長するのです。

そしてこの9才から16才の時期はちょうど中学生、高校生の時期でもあります。

勉強に部活に恋愛に熱く燃える青春時代、水泳部に入り毎日バリバリに練習していたという人は必然的にチンコにも大きく影響するのです。

考察 圧迫

成長期に激しい運動をした場合に身長が伸びにくいという話を聞いたことがあるでしょうか?

そんなことないでしょ!と思うかもしれませんがこの身長が伸びないというのにはしっかりとした理由があります。

それは圧迫による骨の成長の妨げです。

骨の成長は骨の両極端にある成長軟骨の発達によって大きくなります。

しかし激しい運動、特にバーベルをかついでスクワットなどは大きな重力が成長軟骨にかかり圧迫してしまうことになります。

圧迫された成長軟骨はなかなか成長することが出来ずに結果身長が低くなるのです。

そう、圧迫されると人体は成長出来ないのです。

水泳部の水着としてどのようなものを思い浮かべますか。

競泳用の水着といえば海水浴の水着と違い水の抵抗を減らすためにピチピチです。

そう、つまりこの水着のピチピチに股間が圧迫されているのです。

生殖器が成長する時期の水着による圧迫はチンコの成長を妨げるのです。

同じ水着でも海で泳ぐ男たちはどうなのでしょうか。

彼らは水の抵抗とういものは諦めスピードを捨てた代わり、股間を圧迫しなに緩やかなシルエット、同じ水着でも極めて股間に優しい「海パン」という水着を着用しております。

海の男とプールの男いろいろ話を聞く限りちんこの大きさに関しては海の男に軍配が上がる気がします。

海の男は、持ち前の伸び伸びと成長させたデカチンで水着ギャルと激しい夏のアバンチュールを謳歌しているのです

まとめ

プールの殺菌のための塩素がチンコに影響を与えるとの考察をしましたが塩素消毒は水道水にも行われています。

水道水は塩素濃度は0.1mg/L以上と決められているのに対してプールの場合は0.4mg/Lと比較してもプールが特別濃度が高いわけでもありません。

プールに使用される塩素濃度が体に悪影響を及ぼしているとか圧迫されたことによって体の成長を妨げているという科学的なデータがある訳ではありません。

今回の考察はちんこが小さいという事象に無理やり理由をこじつけた、あくまで仮説の一つに過ぎません。

しかし水泳をやっていた人はチンコが小さい傾向があるというのは確かに存在していると思います。

チンコが小さくなりたくない、大っきいチンコになりたいという人は考える余地なく直ちに、今すぐにプールの水から出て、水泳という競技から足を洗いましょう

それでも俺は泳ぐことが好きだ!でもチンコは小さくなりたくない!!という人は

せめてもの圧迫だけは避けるためにプールは全裸で泳ぐようにしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました