【実録】舐める、しゃぶる、フェラは愛の営み!!愛は世界を救う!

息ヌキ

長時間労働、賃金が上がらない、イヤな上司との避けられない人間関係、

先が見えない日本という真っ暗な闇の中を光がその先にあるかどうかわからないのに進み続けるしかない

第二次世界大戦中、ドイツ軍の捕虜となり、あの地獄として有名なアウシュビッツ強制収容所に捕らえられていた時の心情を書いた精神科医のヴィクトール・フランクルの著「夜と霧」では

人間が辛い状況下で前に向かって生きていくためにもっとも必要なのは「希望」であると言っている

「希望」というのは「生きる意味」でもある

どんな辛い時にも人生には意味がある。それが仮に 現世ではなくても未来で待っている誰かがおり、その誰かのために「希望」をもって今すべきことをやる

「希望」の中には愛する妻、家族、両親へ再会を果たすという希望を胸に収容所で生きていた人が多くいた

強制収容所という極限の状態のなかで最後まで生き残ったのは体が強い人でも、歳の若いものでもなく、まだ見ぬ誰かのために自分の人生に意味を見出した人や「愛する人に会いたい」という「希望」を最後まで持ち続けた人なのである

愛のチカラである

暗いニュースばかりが飛び交う現在で、人間にとっての生きる原動力といっても過言ではない「希望」を持つことのできない現代人たちにとって希望に変わる大切なものは何か?

「癒し」である

誰もがスマホをもち5Gなどの通信速度の向上によって簡単にインターネットにアクセスできる今の時代において動画サイトというのは私たちの生活になくてはならない存在になっている

YouTube、TikTok、Netflix、イチナナライブ、ファンザ、U-NEXT、XVideo、pornhub、FC2、カリビアンコム、エッチな0930

YouTubeを開けばお気に入りのYouTuberの動画を見てほっこりでき、

TikTokを開けば若いイケメンの動画にほっこりでき、

イチナナライブを開けば「こんにちは、訪問ありがとう!」

と明るく笑顔で話しかけてくれるライバーの笑顔に自分もにっこりでき

ファンザ、U-NEXTを開けば溢れかえるエロい動画に股間がうずきもっこりでき、疲れ切った自分を慰めることができる

YouTubeで「癒し動画」を検索すると「落ち着くBGM特集」「脳からよだれが出る川のせせらぎ音」「これで自己肯定感アップ」などの怪しいセミナーのハゲたオッサンの動画などが出てくるが、圧倒的に多いのは

「ネコ」である

「ネコの可愛い動画集」「ネコの寝顔」「ネコにお手させてみた!」などは恐ろしい再生回数を記録しており、

今の日本において「癒し」=「ネコ」であることは間違いないようだ

莫大なストレスを抱え、日々必死に闘っている人にとっての心のオアシスは「ネコ」なのである

「猫の手も借りたい」という言葉もあるが、現代人にとっては「猫の手を借りないと生きていけない」ということになるだろう

しかし、いつも疑問に思っているのだか

なぜ猫なのか?

なぜ、ハムスターでもなく、ウサギでなく、カピバラでもなくネコなのか?

ネコが最も人間の生活に身近な存在だからであるからなのか

身近な存在であることが大切ならなぜイヌではないのか

いつも心の底で密かに思っていたことなのだが日本人は癒しというところで犬を軽視しているのではないだろうか?

イヌの良さに気づいていない人が多いのではないだろうかと思い、イヌの良さを布教すべく筆を取らせていただきました。

お客様
お客様

もう、ちょっと離れただけでも寂しかったー!

お客様
お客様

離れ離れになって寂しかったー!

再会を果たすなり勢いよく飛び掛かってきて熱い抱擁をかわりしてくる

イヌの良さ1

家に犬を飼っていて外出からもどって家の扉を開けた時にものすごい勢いで飛んできて主人の帰りを喜びはしゃぎ回るその可愛さ、あれは猫にはなかなかできない行為である

さん太
さん太

なんか少し久しぶりな感じですね

お客様
お客様

実は、、白状しないといけないことがあって、、

さん太
さん太

えっ?

お客様
お客様

サイトで見つけてしまった他店のボーイが気になってそっちに行ってしまっちゃいました

浮気である、疑いの余地もなく浮気である

お客様
お客様

でもさん太くんがやっぱりいいと思ったので戻ってきました

イヌの良さその2

実家に犬を飼っている人で、実家を離れて久し振りに帰省した際に顔を見るなりものすごい勢いで飛んで家族の誰よりも祝福をしてくれる可愛さに心安らいだ経験のある人は多いだろう。

自分のご主人のことはどれだけ時が経とうと決して忘れずに自分の元に戻ってくる忠誠心。これは猫にはなかなかの出来ない行為である

さん太
さん太

いや、そうだったんですね!また会えてほんと嬉しいです!

お客様
お客様

それなら先にお風呂行ってくるね!

別々でシャワーを浴びて久しぶりのベッドイン

ベッドの中では熱いハグ

まるで浮気して他の男と寝たデータをゆっくりゆっくり確実に上書きしているかの如く長く抱き合いキスをする

人は高スペック、高ストレージ、高CPUなどに代表される処理速度の高いパソコンを欲しがるが、エロという行為において処理速度は全く関係なく必要ないものである

性処理として行うオナニーでさえ、処理速度を速く、ピュピュッとすぐ射精してしまうのは早漏の癖がついて非常に危険なのである

長い長い上書き保存が終了してところで

お客様
お客様

舐めさせて!

ペロペロペロペロペロ

ちんぽをスゴい勢いでしゃぶってくる

お客様
お客様

さん太くんすごーい、おちんちんおっきーい!!

イヌの良さその3

家に犬を飼っていて外出からもどって家の扉を開けた時にものすごい勢いで飛んできて主人の帰りを喜びはしゃぎ回ると同時にベロンベロンと顔を舐められた経験がある人は多いだろう。

そう、イヌとはフェラチオのスペシャリストなのである。

その長い舌で肉棒を舐めまくるそのテクニックは絶品であり、舐めるという行為に関してはあの超有名AV男優しみけんの発明した「しみクンニ」と肩を並べるテクニックであり、イヌとはナメるテクニシャンであると言えよう。

その可愛らしい顔立ちにオドオドとした行動が魅力的な豆柴の「豆」とは

人間の両胸についている二つの「豆」(乳首)や、女性の「豆」を舐めるのが異常に上手かったことからついた名であり(←違います!!)、まさにイヌは舐めることに対しては他の動物の追付いを許さぬ圧倒的な魅力を持っているのです。

お客様
お客様

乳首舐めさせて〜!

チロチロチロ、、ペロペロペロ

お客様
お客様

ああ〜ん、興奮してきちゃった・・

お客様
お客様

さん太くんローション使っていい?

前回同様、私の射精シーンが見たいということなのだろう?

ローションをちんぽに垂らしてそのまま一気にしごきまくる!!

シコシコシコシコ

さん太
さん太

あ”あ”あ”あ”あ”ー!!

フェラチオとはまた違った快感がビクンビクンとチンコの上を走り抜ける

さん太
さん太

ああ、ヤバいかもしれないっス

と次の瞬間ちんぽはしごきながら舌は亀頭にせっとしてシゴきながら舐め回すというフェラチオと手コキの合わせ技を発動

シコシコペロペロシコシコペロペロ

さん太
さん太

ああ、やばい!

どぷどぷどぷどぷ

お客様
お客様

ん”ん”ん”ん”ん”ん”ー!!!!

口内射精

さん太
さん太

ああああー、、、

ペロペロペロペロ

発射した後も丁寧にお掃除フェラ

何があっても最後まで舐め続ける、これこそスペシャリストであると言えるでしょう

二人で寝転ぶベッドの上

お客様
お客様

子供欲しいー!!

さん太
さん太

子供ですか?

お客様
お客様

やだ?

さん太
さん太

いや、将来的には欲しいっすけど、、、

お客様
お客様

愛し合いたいなぁとか思っちゃう

イヌの良さその4

圧倒的な母性、圧倒的な愛

渋谷の駅前に鎮座しており、今は待ち合わせのスポットとして数々の人々の出会いを見守ってきた忠犬ハチ公

彼は帰ってくるはずのない主人、帝国大学で脳卒中により急死した上野博士をいつまでもいつまでも、彼が仕事から帰ってくる渋谷駅まで迎えに行っていた。

暑い日も、寒い日も、雨の日も、雪の日も、博士が亡くなり浅草に住む親戚に引き取られどんなに渋谷駅から遠く離れたとしても彼の帰りを待ち続けて渋谷駅まで足を運んだ。

ハチはおよそ10年間、博士の帰りを迎えに渋谷駅へ足を運んだという。

時にはその見窄らしい見た目から野犬として間違われたり、イジメたり、追っ払ったりとハチに対して嫌悪の視線を浴びせる人もいたが、ハチの視線の先には常にもう2度と博士が降りてくることのない列車に向いていた。

犬の年齢は人間の約6倍で進むとされ、10年間といったら人間で言うと60年である

自分の人生のずべてをかけたその姿は忠犬という忠誠心では表現することができない愛にあふれている

そんなハチの最後は渋谷川にかかる稲荷橋で冷たくなっているのを発見された

ハチの葬儀は渋谷駅で人間の葬儀と同じように僧侶を呼び盛大に執り行われたという。

ハチの葬儀には多くの人が参列し、ハチはそんな多くの人のたむけた沢山の花と一緒に天国へ旅立った

主人である博士を愛したハチはその人生の最後は多くの人に愛されて旅立ったのである

イヌとは愛の動物なのである

待ち合わせスポットとされている渋谷駅前のハチだが、そんなハチのことを思うと愛のスポットなのではないかと今は思う

多くのカップルが待ち合わせてこれからデートに向かうのだろうか、その愛を育もうとしている姿を渋谷駅前の微動だにせず、ずっと見つめる鉛のハチはきっと微笑ましく思って見ていることだろう

世界はいつも愛に満ちている

愛のチカラがあれば何でも乗り越えられる

と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました