【アナル挿入の向きに注意】前戯のアナルのほぐし方、やり方徹底解説

アナル

アナルセックスを行う際にもっとも重要なことは挿入する前の前戯にあります。

この前戯の段階でセックスがいいものになるのかの分かれ道となります。

前戯をしっかり、丁寧に正しいやり方をするだけで受け入れるほうは痛みなく安心して快感を感じることができます

アナルセックスの前戯というのはアナルをほぐすということにあたります。

アナルはデリケートな部分であるため間違っても乱暴に扱ってはいけません。

優しく、負担なくほぐしてあげる。

その具体的な方法を解説していきます。

この記事を書いた人
代替テキスト
さん太

・業界未経験完全素人ノンケウリセンボーイ

・未知の快感!!アナルセックスへ挑戦する中で得た知見を元に執筆

・初めは傷みだけがとにかく強すぎたが少しずつ快感のアナルセックスへ

➡︎登録・年会費無料!無料ポイントAZUL

アナル好きにオススメの人気記事まとめ

➡︎人気記事厳選5選はコチラ

アナルは粘膜であり筋肉なのを念頭にほぐす

まず大前提にアナルの深層は筋肉です。

もう少し詳しい言い方をするとアナルに挿入をするときに面する場所は粘膜という皮膚でできてます。

アナルを締め付けるのは肛門括約筋という筋肉になります。

肛門括約筋には内肛門括約筋と外肛門括約筋の2種類があるのですがどちらもアナルを取り囲むように輪状についています。

この筋肉がこわばって緊張しているとアナルが狭くなり挿入する時に痛みが発生してしまうのです。

筋肉を緩めてあげるようにアナルをほぐす

肛門括約筋は筋肉であるため筋肉を緩めてあげるということを意識すれば自然とアナルは広がっていき、挿入が楽になるでしょう。

アナルをマッサージしてほぐす

肩こりや腰痛などの筋肉の硬直している時にすることで思いつくものはまずはマッサージでしょう。

簡単にできる方法としてまずはアナル周辺をマッサージしてあげましょう。

ここで通常のマッサージのようにゴリゴリ押す強い力は必要ありません。

優しい強さの力でまずは刺激していきましょう。

指ではなく舌を使って舐めてあげるのもオススメの刺激方法です。

指よりもかなりマイルドな刺激方法になるのでアナル初心者に対してはオススメのほぐし方です。

肛門括約筋はアナルを取り囲むようについているので直接アナルを刺激するのではなく、アナルの周りをしっかりとマッサージしていきましょう。

肛門括約筋はアナルを輪状に囲んでいるためアナルの周りをクルクルとさする刺激は筋肉の走行と同じであるためより優しい刺激になります。

これはかなり気持ちいのでオススメです。

決して強い力はいりません。四つん這いになった姿勢で後ろから優しくグルグルとなでたりトントンしてあげましょう。

温めてアナルをほぐす

筋肉を緩める働きとして温めるということも効果的です。

筋肉は温めることで筋肉の血流がよくなり緩めることができます。

筋肉の強張りを効果的にほぐすには45℃〜50℃の温度が一番適しているとされています。

しかしこれらの温度をアナル周辺に与えるというのはとても危険な行為で、デリケートな部分であるため火傷につながる恐れがあります。

セックスの前にしっかりとお風呂に入って温めたり、シャワーの水をアナルに長時間あてて温めてあげる、温めたタオルを優しく当ててあげる、などがオススメの方法でしょう。

部屋の温度も寒すぎない様にしてあげるのも大事な気遣いでしょう。

副交感神経を優位にしてアナルをほぐす

筋肉は交感神経優位の時に硬くなり、副交感神経優位の時に緩くなるという特性があります。

副交感神経優位とはリラックスしている状態のことをさします。

セックス中に手軽にできる方法としては呼吸があげられるでしょう。

息を吸うよりも吐くことに意識を向ける、腹式呼吸を意識するとリラックスしやすくなり筋肉も緩みやすくなります。

セックスをする相手との信頼関係も大切です。

しっかりとした信頼関係が築けていないと緊張しやすく筋肉の強張りにつながってしまうかもしれません。

アナルに指を挿入してほぐす

アナル周辺をしっかりと刺激してあげるとアナルが緩んできます。

そうなったらゆっくりと指をアナルに挿入してあげましょう。

いきなり2本など欲張らずにたっぷりのローションをつけてゆっくり一本挿入しましょう。

アナルは入り口から2、3センチのところが一番締め付けがつよく、それより奥に入ると少し空間が広がっています。

初めの入り口から数センチをゆっくり、丁寧に入れることはウケる側にが負担なく安心して相手に身を委ねられます。

爪が長かったりすると粘膜に擦れて痛いのでしっかりと切って磨いておくことも大事です。痛みは極力なくしてあげる気遣いがスマートです。

アナルに複数指を入れる時は必ず縦に入れてほぐす

指を一本でもだんだん楽になってきたら次は2本指を入れてみましょう。

指一本の広がりの状態でおちんちんを受け入れるのは相手の大きさにもよりますがかなり痛いです。

前戯の段階で指2本は入れられる状態までしっかりとほぐしてあげるのが吉でしょう。

では指2本をどのように入れていくのか?

これは必ず指2本を縦にした形で挿入しましょう。

アナルは綺麗な丸い穴だと思われていますが縦と横だと実は縦の方が広がりやすいです

まだ指一本しか入らない状態でいきなり指2本を横にした状態で入れると痛みが発生してしまう可能性が高いです。

必ず指は2本縦にした状態でアナルに挿入してほぐしてあげましょう。

縦方向に2本楽に入るようになったら90度回転させて横向きでほぐしてあげてもよいでしょう。

気持ちよくなるために丁寧にアナルをほぐす

アナルセックスで大事なのは前戯であるアナルほぐしの工程です。

たかがほぐすだけと思われますが細かなところで気をつけることがたくさんあります。

やってみたけど痛みが出やすい、これからアナルセックスに挑戦したい、そんな方は少し意識してみると良いかもしれません。

そのアナルセックスが快感になるのか、痛みだけで終わるのか。

アナルセックスの良し悪しを決めるのは半分は前戯で決まると言っても過言ではないと思います。

【徹底解説】アブノーマルな出会いにオススメのマッチング

無料会員登録・無料ポイントAZUL

アナルやSMをはじめとするアダルトな出会いに最もオススメの方法を徹底解説!

・エッチな女性に的確にアプローチをする、すぐヤレる

・アブノーマル出会いだからこその匿名性、身バレ防止の安全性

・コスパ良く低価格で利用できるお得なサービス

さん太
さん太

⇧実体験に基づいたアダルト体験談もアリ!

エッチな出会いを徹底解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました