【経験者解説】アナルセックスの痛みの原因とうんこ漏れそうな理由【直腸肛門反射】

アナル

アナルセックスはアナルに前戯の段階で指を入れたり、おもちゃを入れたりしてほぐしていき、最終的にはおちんちんを入れることになります。

私自身の体験もありますが、アナルに何かしらのモノを入れられた時の初めの感覚は「痛い」というのもありますが、それと同時に「うんこ漏れそう」という感覚もあります。

事前に浣腸をしてしっかりうんちは出しているのになぜこんなか感覚になるの??

排便のメカニズムは実はとても複雑であり、神経、筋肉、内蔵、心理的要因などが複雑に絡み合いまだ解明されていないことも実は多いのです。

アナルセックスをするとうんちが漏れそうに感じる原因を解剖学、生理学の面からみてみます。

アダルトグッズのNLS

浣腸をしても全部出たわけではない

「事前に浣腸をしてうんちは全部出しておいたのになぜ?」

うんちというのは大腸で作られるというのは知っていると思いますが、大腸にも細かく分かれております。

一般的にうんちは大腸の下行結腸、S状結腸にためられるとされています。

そこでためられたうんちが脳が出して良いよというサインをだしたら直腸に降りてきて肛門から排出されるのです。

直腸の長さは約10〜15センチとされているので指の挿入やよほどの巨根の挿入をしない限りアナルセックスというのは大腸のなかの直腸で行われているのです。

浣腸というのは腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促進してうんちを出すメカニズムなのですが、この作用が効果的なのは直腸の範囲までなのです。

直腸の中はキレイになっても直腸の奥であるS状結腸などには実はまだうんちがたまっているのです

直腸肛門反射

反射というのは無意識でおこる体の反応であり自分の意思でコントロールできるものではありません。

直腸肛門反射とはS状結腸にあった便が直腸まで降りてきた時に直腸にあるセンサーでそれを感じ取り、脊髄、大脳へとその情報が伝えられ、大脳から「うんちを漏らしてはダメだ!肛門を閉めなさい」という指示が送られます。

その指示に対して自分の意識ではコントロールできない内肛門括約筋が閉まることによって便が外に漏れるのを防ぐのです。

逆に直腸にあるセンサーが便を感じ取り、便意として大脳へ指示を送った際に大脳が「今はうんちをして大丈夫だ!」という指示を出せば内肛門括約筋は弛緩し便が通る道が広がり外に出されるのです。

この時に意識的に外肛門括約筋を緩めるのと、腹筋に力を入れて腸内の圧力を強めることで排便をよりスムーズなものにさせます。

これが直腸肛門反射です。

直腸肛門反射(今は我慢しろ!という指示がある時)

直腸に便がたまる→直腸のセンサーで感じ取る→中枢へ情報が送られる→中枢から内肛門括約筋を閉めるよう指示→内肛門括約筋がしまり便が漏れるのを防ぐ

アナルに指を挿入するとアナルが閉まる

アナルに指を入れるとアナルは閉まります。この締まりによって入り口がさらに狭くなりより痛みを感じることがよく起こります。

これはこの直腸肛門反射による内肛門括約筋の収縮による反応であるとも言えます。

指で直腸壁を刺激することによって直腸のセンサーがそれをかんじとり、大脳へと情報が送られて大脳から内肛門括約筋を締めなさいと指示が下る

通常は便が腸壁を刺激することでセンサーが反応するのですが、指でもセンサーが反応してしまい直腸肛門反射が作動してしまうということです。

痛みを少なくするには内肛門括約筋の収縮をゆるめてあげることなのですが自分のコントロールが効かない不随意筋のこの筋肉をどうやったら緩められるのか。

その答えがリラックスです。

内肛門括約筋の神経支配は下腹神経という自律神経です

自律神経に影響を与えるのは心理的な要因であるリラックスが1番なのです

浣腸をしててもうんちがでちゃう

前述で浣腸は直腸内の便はキレイに出すことが可能だが、直腸の奥のS状結腸や下行結腸にはまだ便が残っているといいました。

指にしろ、おちんちんにしろで直腸壁を刺激するとで直腸肛門反射が発動するといいました。

直腸肛門反射により内肛門括約筋が締まり肛門のすぐそばまできているうんちは止められていますがもう体は便を出す状態(モード)に入っているのです。

ここまできたら内肛門括約筋、外肛門括約筋を緩めて腹圧をかけたまっている便を一気に排出するだけです。

つまり、指やおちんちんでの刺激によって直腸肛門反射が発動し体が便を出すモードに一気に移り変わることでS状結腸にとどまっていた便が直腸に降りてくることがあるのです。

またセックス中の体位によって腹圧がかかってしまいS状結腸の便が直腸に降りてきてしまうこともあるでしょう。

浣腸をしてキレイにしたつもりでも新たに降りてきた便が付着してしまうこともあるのです。

アナルセックスをするときは例え浣腸でキレイにしたとしてもコンドームを着用することをおすすめします。

まとめ

アナルセックスの前に浣腸をして全部うんちを出したつもりなのに、セックス中に便意がきてしまう、

その原因は

直腸への刺激によって直腸肛門反射という体が便を出すモードに切り替わってしまい、S状結腸にとどまっていた便が直腸に降りてきてしまうことにあります。

アナルセックスが実質的に行われる場所は直腸なのですが、直腸の奥にはまだ便が残っていていつでも排泄できるような状態となっていることを忘れてはいけません。

浣腸でキレイにしたとしてもうんちが降りてくる可能性がありますので、コンドームをしっかり着用することが衛生上望ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました